老後のお金の不安を解消しませんか?~入会金無料キャンペーン実施中~

まだまだ増える!?年金の株式運用

2015年2月28日の日経新聞に

「年金運用 国内株2割」

という記事がありました。

これは、昨年までの国内株式割合12%から

25%に引き上げる過程での現状という

ことになります。

もちろん、購入した分だけでなく、最近の

株価の値上がりによる比率の上昇についても

書いてありました。

まだまだ年金は株式の運用を増やす?

前述のように、年金の運用をしているGPIFは

国内、海外の株式の保有比率を25%ずつに増やすことを

目標にしているので、まだまだ購入の余地はあると

いうことです。

また、公務員の年金資産を運用する国家公務員共済組合連合でも

国内株式の比率を8%かから25%に増やすという記事が

26日付の同新聞で記事がありましたので、こちらの機関でも

株式が買われる、ということがしばらく続くことになりそうです。

個人はどうすればいい?

「じゃあ、わたしたちはどうしたらいいの?」ということですが、

GPIFに合せる必要はありません。

でも、国がわたしたちの年金を積極的に運用しないと、将来の

物価上昇にはおいつかない、と考えていることはとても参考に

なります。

貯金で老後の生活資金を貯めることができるのであれば、

不要なリスクをとってまで、投資をする必要はありませんが、

・貯金では希望額が貯まらない

・今使えるお金を殖やしたい

ということであれば、運用をすこしずつでもスタートした

方がいい時代になっているのは確かです。

インターネットの普及や銀行での投資信託の窓口販売が解禁になって

投資も身近になっています。

少額からスタートして慣れておくことをオススメしたいですね。

SHARE