年末年始限定!FPお試し相談実施中

介護保険の利用者負担割合が見直されます

ファイナンシャルプランナーの中野です。

平成30年8月施行で介護保険の利用者負担割合が
見直しになります。

現在、不安割合は収入に応じて1割と2割でしたが、
2割負担者のうち特に所得の高い層の負担割合を3割となります。

政府の資料では、負担増となる人は全体の3%くらいであること、
上限の月額負担44,400円は変わらずという事なので影響は
ごく一部の方なのかな?とは思います。

ただ、これまでも利用者負担割合は上がってきた過去の実績があるので、
今後も徐々に利用者負担は増えていくのではないかと思っています。

お金での備えも必要ですが、以下に健康で暮らしていくことができるかも大切になります。

健康は急に得ることはできません。
老後のお金の負担を抑えるためにも現役時代からの暮らし方にも
気をつけることはとても大事なのではないかと思います。

お金を貯める、増やすことも大事ですが、
食事や運動にも少し気を使って長く健康でい続けることが
出来るようにしたいですね。

SHARE