• プロフィール
  • アクセス
  • お問合せ
  • お電話

マンションでも自分で修繕資金を作っておこう

マンションの75%が修繕工事に使う財源が不足している・・・

そんな記事が日経新聞の一面で掲載されていました。

自分たちのマンションは大丈夫か?確認してみましょう。

国の数全積立金の指針から見てみる

マンションは劣化を防ぐために、ある程度定期的に外壁塗装や排水管、
エレベータなどの工事などが必要になります。

国土交通省が2011年に指針を出していますが、
その指針では30年均等払いで、15階建て未満は1平米あたり月178~218円、
20階建て以上で1平米あたり月206円を必要額の目安としています。

つまり15階建て未満で60㎡のマンションを買った場合、
毎月の修繕積立金は10,680円~13,080円になる計算となります。

もちろん、マンションによっては新築購入時に一括で修繕積立金を集めていたり、
ある程度の年数をかけて段階的に修繕積立金をアップする予定としているので、
これに限らないのですが、参考にしてもらえればと思います。

もし、参考になる修繕積立金と現在の本当の金額に差があるのなら、
今後値上がりしたり、一時金での徴収の可能性もありますので、
今から差額を貯めておいて、負担が増えても家計が厳しくならないようにしておくなどの
工夫をしておくことも重要です。

水回りリフォームなどは自己負担

そして修繕積立金などでメンテナンスがされるのは外壁や上下水道管、
エレベータ、エントランスなどの共用部分のみとなります。

室内の修繕やリフォームは自己負担です。

長く住んでいると、どうしてもお風呂やキッチンなどの水回り部分は
リフォームをする必要が出てくる可能性があります。

特にリフォームを行っていない中古マンションを購入した場合、
室内のリフォームの時期はもしかすると入居から早いタイミングで
訪れる可能性があります。

マンションを購入される人の中には、「一軒家は自分でメンテナンス
しなくてはいけないけど、マンションなら組合がしてくれるから安心」
と考えている人もいます。

もちろん、考え方としては間違いではないのですが、積立金不足に
なってしまっていたり、室内のリフォームが必要になったりした場合は
自己負担となる可能性があります。

マンションでもメンテナンスのためのお金は準備を少し考えておきましょう。
もし、使わないで済んだ場合は、生活のゆとりにも使えると考えて、
万が一に備えてもらえたらと思います。

ーお問い合わせはこちらー 受付時間:9:00~18:00(メール:24時間受付) 詳しくはお問い合わせフォームにて「HPを見た」と、お問い合わせください。

関連記事



FPの紹介

中野 敦成

ファイナンシャル
プランナー

中野 敦成

相談会申込み・お問い合わせ

06-6536-5988

LB PLANNING(エルビー プランニング)

大阪市西区北堀江1-1-7四ツ橋日生ビル本館207

お問い合わせはこちら
ページ上部へ戻る