• プロフィール
  • アクセス
  • お問合せ
  • お電話

中古マンション購入の時の注意ポイント~住む期間~

建築士のお客さまがいる大阪のファイナンシャルプランナー中野です。

ファイナンシャルプランナーとしてご相談を受ける内容としてダントツに多いのが「住宅購入」です。

住宅購入の相談はかなりバリエーションが広いです。「中古と新築どっちがいい?」「ローンはどこの銀行がいいの?」「ほんとうにローンを払って行けるの?」などさまざまです。

その中でも、いろいろと解決しないといけない、ちょっとしたことでもったいないことになってしまうのが、「中古のマンションを買って、自分の思い通りにリノベーション(改装)して住みたい」というご相談です。わたしのところにも年に数件きますし、「団地リノベーションが若者に人気」なんて記事を読んでいると、やはりニーズは高いのでしょうね。

そのマンション、いつまで住むの?

目先のローンや金利のことも気になるのですが、長い期間で考えるともう一つ考えなくてはいけないことがあります。

それが、「そのマンションにいつまで住むのか?」ということです。

リノベーション費用にお金をたくさんかけようとすると、どうしてもマンション本体に対してかけることができるお金が限られてしまいます。そうなると、どうしても築年数が古くなってしまう傾向があります。

マンションの耐用年数が50年として、築30年のマンションを買った場合、20年しか住めません。
また、築50年のマンションとなると、空き家が増えてしまうと、マンション全体の維持費を住んでいる人で賄うとなると一人ずつの負担はどうしても大きくなってしまいます。

『理想の住まい』も20年、30年経つとどうでしょうか?それなりにリフォームなども必要になってくるでしょう。

「今がいい」ならかまいませんが、住まい選びは長~い目で探してくださいね!

ーお問い合わせはこちらー 受付時間:9:00~18:00(メール:24時間受付) 詳しくはお問い合わせフォームにて「HPを見た」と、お問い合わせください。

関連記事



FPの紹介

中野 敦成

ファイナンシャル
プランナー

中野 敦成

相談会申込み・お問い合わせ

06-6536-5988

LB PLANNING(エルビー プランニング)

大阪市西区北堀江1-1-7四ツ橋日生ビル本館207

お問い合わせはこちら
ページ上部へ戻る