• プロフィール
  • アクセス
  • お問合せ
  • お電話

クレジットカードや〇〇Payは使いたいけど使い過ぎが不安な人は・・・

ポイント還元制度や〇〇Payの普及でキャッシュレスが
注目されていますね。

お財布を出すことや小銭を準備したりおつりをもらわなくてよい
キャッシュレスは買い物をスマートに終わらせてくれる便利なツールです。

ただ、「使い過ぎが心配」という人もすくなくありません。

キャッシュレスサービスは使いたいけど、使い過ぎが不安な人には
次のような方法があります。

〇〇PayならATMでのチャージを使おう

〇〇Payでキャッシュレス決済をするには事前にお金をチャージしておく必要があります。
事業者からの推奨としては、残高がある一定以下になれば自動的に
銀行口座やクレジットカードから指定した金額を自動的にチャージしてくれる
サービスを設定するようになっています。

確かに、自動的にチャージされている残高不足で慌てることはありませんが、
お金を使っている感覚がなくなってしまい、ついつい余計な買い物をしてしまう
可能性もあります。

そんな人の場合は、少し手間ではありますが、コンビニのATMを使って
そこから必要な金額を○○Payにチャージすることで使い過ぎを防ぐことができます。

私個人が数カ月Payを使った感覚て言えば、Payを使えるお店などは今のところ
ある程度決まっています。
また、高額な買い物をするお店での利用は少ない感じです。

私の場合ですと、コンビニと事務所の近所でよくランチをする定食屋さんくらいです。

そうすると、2カ月ほど使っていると一カ月の使用額はある程度わかってきます。

初めは一カ月に何回かATMを使ってチャージをしていましたが、数カ月経てば、
「一カ月でこれくらい使うな」という金額をまとめてチャージすることができる
要になっているので、あまり手間にも感じなくなっています。

また、一カ月でこれくらい、と決めておけば、月の中盤から後半くらいでは、
使い過ぎた場合には、使用をすこし抑えるようになるので使い過ぎを防ぐ
ことにもなっています。
お金を使い過ぎたけど何に使ったかわからない、というものの中には、
コンビニやちょっとした外食が増えているのが原因であることがよくあります。
そうした少額の使い過ぎを防ぐにも月一回のチャージでコンビニでの少額な買い物の
決済はPayにするのは使い過ぎを防ぐことができるかもしれません。

キャッシュカードで使い過ぎが不安な人はデビットカードを使おう

キャッシュカードの場合、元々その人に「信用」によって今持っていないお金を
借りて使うのが原則の使い方です。

ですので、銀行口座に預金がなくても使うことができます。

これが原因で使い過ぎてしまって、支払いの請求が来たのに払えない・・・
なんてことが起こってしまいます。

でも、多額の現金を持って外に出るのは不安だし、ATM利用料も
勿体ないし・・・。という人もいるでしょう。

そんな人にオススメなのがデビットカードです。

デビットカードは見た目はほとんどクレジットカードと変わりません。

使う時も特に「デビットで」などと指定する必要もなく、
クレジットカードと同じように使うことができます。

デビットカードがクレジットカードと異なるところは、
デビットカードは銀行口座と連動していて、連動している銀行口座の
残高以内でしか取引ができません。

つまり、クレジットカードは後払い(信用払い)ですが、
デビットカードは今あるお金から払うことになります。
結果として持っている以上のお金は使うことができませんので、
使い過ぎの心配が減ることになります。

クレジットカードでできることでデビットカードでできないことは分割場合です。

デビットカードは一回払いのみとなっています。

私がデビットカードを使っていて使えなかったのは、スポーツジムの月会費の支払い
くらいで、それ以外で使えなかったことは記憶にありません。

キャッシュレスの仕組みはとても便利ですが、使い過ぎてしまうかも・・・という
心配は拭い去れません。
どうしても使い過ぎが心配な人はチャージの仕方を工夫したり、
デビットカードを活用してみてはいかがでしょうか?

ーお問い合わせはこちらー 受付時間:9:00~18:00(メール:24時間受付) 詳しくはお問い合わせフォームにて「HPを見た」と、お問い合わせください。

関連記事



FPの紹介

中野 敦成

ファイナンシャル
プランナー

中野 敦成

相談会申込み・お問い合わせ

06-6536-5988

LB PLANNING(エルビー プランニング)

大阪市西区北堀江1-1-7四ツ橋日生ビル本館207

お問い合わせはこちら
ページ上部へ戻る