• プロフィール
  • アクセス
  • お問合せ
  • お電話

家計を考えると捨てない事にもコストがかかる!?

贈り物の包装紙などは取っておくタイプの母をもつ大阪のご当地FP中野です。

うちの母は田舎の人なので、なんでも取っておくタイプの人です、お歳暮やお中元の包装紙はきちんとたたんで押し入れへ、もちろん紙袋もですし、いつ買ったん?というような洋服や家電製品がたくさん置いてあります。この前びっくりしたのは私が子供の頃に入っていた南海ホークスの「友の会」でもらったブランケットが出てきました。たぶん30年以上前のモノなんですよね・・・。ここまで来ると大したものです。

女性ってみんな同じなんでしょうか?下着もこんな調子な方が多いようです。こんな記事を見つけました。

ブラジャーの捨て時はいつ? 3人に1人は「タイミングがわからない」。

うーん、ブラジャーもですか・・・という感じです(苦笑)。

捨てない事にもコストがかかる!?

たしかにブラジャーって結構華やかなものも多いですし、そんなにすぐに破れたりしない(んですよね?)モノですから捨てにくいのは捨てにくいのかもしれません。

しかし、置いておくだけでもコストがかかっているんだ、という意識を持てばパッと捨てることができようになりますし、無駄に増えることもなくなるのでは?と思っています。

捨てることに対して「もったいない」と思うのは大事なことですが、置いておいてもコストがかかってしまいます。そのコストはというと、住まいの家賃、住居費です。必要のないモノを持たずに生活をしていればその分必要なスペースは減りますよね。その分狭い部屋でも十分に生活ができます。

「わたしはモノが多いからワンルームや1Kじゃ無理!」と言っていた女性がいますが、逆に言えばモノが少なければワンルームでも十分ということですよね。

荷物が多いということは、それだけコストがかかってるんだ!という意識があれば無駄なものは買わないようになりますし、捨て時も自然にわかってくるんじゃないかな、と思いますよ。

ーお問い合わせはこちらー 受付時間:9:00~18:00(メール:24時間受付) 詳しくはお問い合わせフォームにて「HPを見た」と、お問い合わせください。

関連記事



FPの紹介

中野 敦成

ファイナンシャル
プランナー

中野 敦成

相談会申込み・お問い合わせ

06-6536-5988

LB PLANNING(エルビー プランニング)

大阪市西区北堀江1-1-7四ツ橋日生ビル本館207

お問い合わせはこちら
ページ上部へ戻る