6月、7月 土・日限定!FPお試し相談実

老後資金準備は細かい数字は気にせず投資

大阪のファイナンシャルプランナーの中野です。

2013年3月29日の日経新聞に「株価を10銭刻みに」という記事が出ていました。
これは、株式取引を一桁小さい数字で取引きできるようにするためのものなのでうすが、海外の機関投資家(金融機関)とかが小さい値動きでも利益が取れるための変更でした。

老後資金準備は長い目でで考えよう

確かにプロは、何億円という取引きするわけですから、ちょっとした値動きでそれなりの利益がでますし、ずっと相場に張り付いているのですから、小さい値動きでも利益を得るチャンスがあるわけです。しかも、1年、場合によっては一カ月単位で成績を求められます。

でも、私たちの場合はどうでしょうか?

私たちが投資をする目的は、老後の生活資金や余裕資金、将来に使うためのお金です。今のちょっとした利益や損失には大きな影響はありませんし、今の何千円かの利益ではなく、将来のまとまったお金が大事なのです。

日々の値動きは気になってしまうかもしれませんが、元々の目的を忘れずに運用を続けていくことが大事です。

大きな目標の設定と定期的なモニタリング、大きくバランスを崩した時のメンテナンスを行うことで「今も豊か、将来も不安のない暮らし」を手に入れるためのツールとして資産運用を行っていきましょう。

SHARE