4月,5月限定!FPお試し相談実施中

ペットと暮らす人のコストを考える

ペットと暮らす人のコストを考える~ペット保険など

8月22日に当所が運営のお手伝いをさせていただいているFP継続教育セミナーで受付をしながら、植田香代子先生のセミナーを拝見しました。
これまで、なかなかなかったテーマで、企画側としても興味がありました。

ペットにどれくらい費用がかかるのか?はライフプランを作成する上でもかなり、重要になってくるということがわかりました。と、いうのも、当然ペットは生き物ですから食事もしますし、ケガ、病気もします。特に、人間なら健康保険があり、実質3割負担ですが、ペットの場合は全額負担です。

これらを考えると、犬で年間15万円、猫で9万円程度が必要という統計データも見せていただきました。特に大型犬だと、20~25万円は年間で必要とのこと。キャッシュフロー上も重要なポイントとなってくることがわかりました。

そして、もっと大事なのが、ペットを最後まで面倒を観きれるか?ということです。犬だと15年くらい生きます。もし、60歳から買い始めると、ペットの寿命のころ、75歳になっています。その年齢の時にペットの世話ができるか・・・も考える必要があると感じました。ファイナンシャルプランナーとしては、お金の収支も大事ですが、人もペットも幸せに暮らすことができるかどうかがもっと大事だと感じたセミナーでした。

ペット保険の比較なども面白かったので、ご興味がある方はご面談時におっしゃっていただければと思います。

SHARE