期間限定(6/1~7/21)でFPお試し相談を大阪市内(心斎橋・北堀江)の事務所で実施中!

退職した後でも借換えできる?

30代、40代でマイホームを買うときに35年ローンを組むと、働いている間にローンを払いきろうとすると繰り上げ返済をする必要があります。

つまり、毎月の住宅ローンの支払いとは別に返済用の貯金をしていくことが大事になります。

「いくらまで毎月ローンが払えるか」で考えてしまうと、老後まで住宅ローンが残ってしまい、老後の生活費に負担がかかってしまいますのでこれからマイホームを購入しようと思っている人はライフプランをしっかり考えておうちに使うお金や住宅ローンの組み方などを考えマイホーム選びをしていただければと思います。

働いていないと借換えできない!?

では、今すでにローンを組んでいて、すでに退職間近、または退職してしまっている人はどうかご存知ですか?

「借換えをして住宅ローンの支払いを減らす」ということは、一般的に知られるようになりました。

しかし、住宅ローンの借換えは、もう一度住宅ローンを借りるのと同じで、初めに住宅ローンを組んだ時と同じように審査が行われます。

この審査では、借りる人が返すことができるのか、ローンの担保に資産価値があるかなどを評価されます。

なので退職をしていると一般的な住宅ローンは「返すことができるのか?」というところで審査が通らないことが一般的です。

諦めずいろいろ一緒に考えましょう!

たぶん、銀行などの窓口に行っても、「借換えはできません」という一言で終わってしまうでしょう。

しかし、それは「その銀行では借換えができない」というだけに過ぎません。

別の銀行であれば借換えに応じてくれるところもあるかもしれませんし、老後の生活を守る方法は借換え以外にも考えられます。

返せないからと言って、延滞をしたり、カードローンなどを使ってとりあえず住宅ローンを返す、などといったことは問題を先送りにするどころか、問題を悪化させてしまうことにもなりかねません。

他で借金を増やすことを考えたりせず、良い解決方法を考える。
ファイナンシャルプランナーはそんなお手伝いをしています。

家族とあなたの幸せを守るために、上手にプロの知識を使ってくださいね。

SHARE