6月、7月 土・日限定!FPお試し相談実

インターネット証券ができる前とできた後の資産運用とその悩み

資産運用は株式投資から始めた大阪のファイナンシャルプランナー中野です。

わたしが株式投資を始めたきっかけは、証券会社の手数料自由化による売買手数料が安くなったことと、インターネット証券ができて、手軽に証券会社に口座を作ることが出来るようになったのがきっかけす。

インターネット証券ができる前は?できた当初は?

それまでは、証券会社に口座を開こうと思うと、窓口まで行かなくてはいけなかったですし、(嘘か本当かわかりませんが)口座開設には電話での確認などがあったりと面倒だったですし、売買手数料は一回に3,000円ほどもしたので、よっぽど大きい金額を売買しないと売買手数料でマイナスになっていまいかねませんでした。

それが、インターネットで手続きができて、株式の売買手数料も数百円と当時でかなり安いと感じて、さっそく口座開設をしたのを覚えています。

インターネット証券ができた当初は、インターネット自体の回線速度も遅かったので、ページの表示もゆっくりしたものでした。

そして、今のように株価はリアルタイムなものではなく、20分とか30分前の株価が表示されているような状態でした。

また、注文の仕方も通常の成行、指値注文の他に単純な逆指値程度でしたので、今のようにOCOやIFD注文などはありませんでした。

当時は情報収集といえば、まだまだインターネット上での情報は少なく、マネー雑誌に頼っていました。

なので、インターネット証券ができる前やできた当初の資産運用はコストも比較的割りだけで、情報が限られている状況にありました。

今どきの資産運用とその悩み

今、資産運用を始めようと思うとどうでしょうか?

簡単にネットで口座開設を行うことも出来ますし、株価などの情報もリアルタイムで確認をすることができます。

証券会社からもさまざまなサービスが提供されていて高機能なチャートや検索システム、いろいろな情報も入手できるようになっています。

そして、手数料もさらに安くなっていて、少額の取引でもリターンを出しやすくなっています。

また、商品自体も多様化していて、日本の株式や債券、投資信託だけではなく、

  • 米国や中国、ベトナムなどの海外株式
  • FX
  • 単元未満株式取引
  • 先物・オプション・CFD取り引き

など、さまざまな金融商品を選ぶことができるようになっています。

また、投資信託のラインナップも増え、売買手数料や信託報酬も下がっていてますます資産運用がしやすくなっています。

情報収集もインターネットでたくさんの情報があり、最近ではYouTubeなどで動画で説明されていて、より分かりやすい形で情報提供が行われています。

つまり、選べる商品が多く、情報も溢れかえっている状況です。

その情報も情報を発信している人やメディアによって言っていることがバラバラで極端な場合は同じ投資商品や同じ投資方法について真逆のことを言っている場合もあります。

逆に商品も情報も多くて、何が良くて、何が悪いのか? 何が正しくて、何が正しくないのかさえ分からなくなってしまう人もいるほどです。

つまり、選択肢の多い中から、何かを自己責任で選ぶ必要があり、私が投資を始めたころより迷いや不安がおおきくなってしまう人も居るのではないかと感じています。

インターネット時代のファイナンシャルプランナーの役目

このインターネットが普及して、だれもが膨大な情報を得ることができる時代のファイナンシャルプランナーの役目はどのような事かというと、

マネー情報のフィルタリング

が役目だと考えています。

膨大な金融商品と膨大な情報の中から、相談者のニーズや価値観にあった商品や運用方法、知識や情報をフィルタリング(ふるいにかけて)ベストマッチの商品や情報を提供するのが役目のひとつだと考えています。

また、セカンドオピニオンやコーチの役目もあるかと思っています。

相談者が自分自身で考えた商品の選定や運用方法などに対して、注意点がないか?見落としているリスクはないか?もっとよい選択肢がないかをチェックする役目です。

また、既に取引のある金融機関などで勧められた商品に妥当性があるのか、認識している内容に間違いがないかを確認する役目もあります。

普段、金融商品に接していない人にとっては、確認するポイントであったり、自分の投資スタイルや価値観に合っている商品や運用方法なのかを見極めるのは大変です。

その部分を相談者の立場に立って、アドバイスを行うのがファイナンシャルプランナーの役目です。

LBプランニングでは、家計管理をメインにアドバイスしていますが、家計管理の中には資産運用も含まれています。

基本は長期分散積立投資ですが、お客さまによっては、「株にチャレンジしたい」「FXをやってみたい」という方もいらっしゃいます。
そんなお客さまには、株やFXを行う前に基本的な知識と注意ポイントなどを伝えることと、あくまで「楽しみのお金」で投資をしていただいています。

大事な将来使うお金と、楽しみのための運用のお金をしっかり分けることで、もし大きな損失が出たとしてもあんしんして暮らしていただけるようにアドバイスを行っています。

SHARE