• プロフィール
  • アクセス
  • お問合せ
  • お電話

独身の老後の生活費はいくら?

ファイナンシャルプランナーの中野です。

老後の生活費というと、ゆとりのある老後生活には39万円必要というようなことを雑誌やライフプランのセミナーで出てきますが、実はこの金額は夫婦二人で必要なお金のことです。

わたしも独身なので、「独身の老後だといくらくらいかな?」と気になることがあります。

独身の老後はちょっと節約している?

実は、老後の生活費に関しては夫婦二人だけでなく独身の老後に関しても調査データがあります。
総務省の平成22年度家計調査によると、退職後の60歳以上の独身が1か月に使う生活費は15万73円
1ヵ月に約15万円です。

ちなみに現役世代の平均的な生活費は18万7501円というデータがあります。
現役時代に比べると外食も減るとはいえ、3万円も減ることはないかと思いますので、独身の老後の生活はちょっと節約しているのかな?と言う感じですね。

豊かな老後を実現するための準備

会社を退職すると、自由時間は飛躍的に増えることになります。その自由時間を有意義に過ごすためにもお金は余裕があった方がいいですよね。

現役世代から老後の生活資金準備を考える場合、老後の生活の支出を減らすことと、使えるお金を増やすことをバランスよく考えることが必要です。

支出を減らす方法としては、

・マンションを買って老後の住居費を減らす

・生命保険の保険料を現役時代に払い終わっておく

などの方法があります。

老後に使うお金を増やす方法

使えるお金を増やす方法として有効なのはが長期分散積立投資
早いうちからちょっと毎月1万円でも積立投資を行っていると、老後に使えるお金はものすごく増えてきます。

毎月1万円を30年間貯蓄すると、1万円×12ヶ月×30年=360万円となります。
これを積立運用をするとどうなるでしょうか?

  • 1%運用の場合:約420万円
  • 3%運用の場合:約580万円
  • 5%運用の場合:約820万円

にもなります。

逆に、3%の運用をせずに580万円を積み立てようとすると、約1万6千円を毎月30年間積立てる必要があります。

資産運用をするということは、大きく儲けるためではなく、今の暮らしの負担も小さくしながら豊かな老後に備えることができる方法とも言えます。

節約などで無理せず豊かに暮らしながら、投資資金が上がったり下がったりを気にしない長期分散積立投資で老後の使えるお金を増やすことが大事です。

老後資金準備をファイナンシャルプランナーがお手伝い!

お金を貯めるのが苦手

何から始めていいかわからない

どれくらい準備しればいいかわからない

具体的にどんな商品を選ばばいいの?

というような方は一度ご相談にお越しください。

お客さまの不安をなくし、夢や希望を実現するために、ファイナンシャルプランナーは家計の節約、見直し、貯金、資産運用の仕方などをプロの知識を使ってお客さまの立場に立ってアドバイスを行います。

お客さまから相談料をいただく独立系のファイナンシャルプランナーは、保険のライフプランナーや銀行・証券会社の営業マンと違い、保険や金融商品の販売を目的としません。

ご安心してご相談にお越しください。

ーお問い合わせはこちらー 受付時間:9:00~18:00(メール:24時間受付) 詳しくはお問い合わせフォームにて「HPを見た」と、お問い合わせください。

関連記事



FPの紹介

中野 敦成

ファイナンシャル
プランナー

中野 敦成

相談会申込み・お問い合わせ

06-6536-5988

LB PLANNING(エルビー プランニング)

大阪市西区北堀江1-1-7四ツ橋日生ビル本館207

お問い合わせはこちら
ページ上部へ戻る